ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



12候:春分末候「雷乃ち声を発す」~精神安定に、菊花と春菊のポン酢洗い。

3月30日の本日は「春分」の末候です。
農暦では

「雷乃ち声を発す」(かみなりすなわち こえをはっす:雷乃発声)

中国語では「始雷」(稲光が初めて光る)となっております。

遠くで雷の音が聞こえ始める、春雷の季節。
寒冷前線の通過に伴う界雷で、季節や昼夜問わずに鳴る雷なのだそうです。

前の家に引越した時の話なのですが、ちょうどタイミングが今ぐらいの時期でした。
荷物も何とか片付いた引越当日の夜、この世のものとは思えないほどの雷が鳴り響きました。
空がピカピカ光り、稲妻もあちこちに。
カーテンが届く前だったので、寝室にはカーテンが無く部屋の中が雷でフラッシュをたいた様に何度も何度も光り輝いていました。
これまでに経験した事のない音と光で、世界が終わるんじゃないかと本気で思ったほどでした。

雷の音も光も好きではないので、延々と続いたこの気象状況に心臓はバクバク、どうにもこうにも落ち着かない状態になってしまいました。

この春はまだ春雷を聞いてはいないのですが、毎年遠くで雷の音がする度に、あの時の雷の事を思い出すのでした。

さすがにあの時ほどびっくりして…と言うのは、今の所ありませんが、何かとイライラしたり精神が不安定になりやすいこの季節。
お弁当のおかずや、晩酌時のおつまみに…と、登場するのが菊花と春菊なんです。
これをお浸しにする事が結構多いと思うのですが、わが家はポン酢で洗います。
f0250305_13505537.jpg

さっと茹でた菊花と春菊をボウルに入れポン酢を回しかけて、ざざっと混ぜて軽く絞って出来上がり。
春は酸味の組み合わせも相性が良いですから、お浸しもちょっと目先を変えてこんな風にするのも(とても楽ですし)良いと思います。

菊花も春菊も帰経は肝、菊花には精神安定や目の充血などにも良いので、私の様に雷でびっくりしてドキドキして涙目になる…なんていう時にはお勧めかもです^^;

あとこちらは先日のお弁当なんですが、ここにも菊花を使っています。
手前の黄色い物体が菊花なんですが、これは甘酢に漬けておいたもの。
f0250305_135459.jpg

菊花の甘酢漬けって箸休めやお口直しにも良いので気に入っています^-^

お弁当に関しては別途お弁当のブログがあります、また、メインブログでは料理のレシピなども紹介していますので、良かったらお越し下さいませ^-^

【その他ブログ】
ゆりぽむ通信別館~酒肴館~(メインブログです)
ゆりぽむ通信別館~弁当館~(雑穀ご飯を使ったお弁当のブログです)





ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-03-30 14:01 | 二十四節気(2013年度)
<< 13候:晴明初候「玄鳥至る」~... 11候:春分次候「桜始めて開く... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
人気ジャンル
画像一覧