ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



22候:小満初候「蚕起食桑」~夏の食養生。

本日5月21日は「小満」の初候です。
小満は、万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来る頃で暦便覧には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」とあります。

日本の略本暦には「蚕起食桑」(蚕起きて桑を食む)とあります。
中国の宣明暦には「苦菜秀」(苦菜(にがな)がよく茂る)とあります。

二十四節気は、季節の区分の他気温や農事、物候などに分けて当てはめられています。
「小満」は「啓蟄」や「晴明」などと同じジャンル「物候(四季の移りに合わせた生物の周期現象と気候との関係)に当てはまります。

苦菜の事をちょっと調べていたので、そちらの事を書こうかと思ったのですが、それを書いていたら夏の食養生にたどり着かなくなるので、これはまた二十四節気以外の時に書く事にしましょう…。

さて、この時期の食養生ですが、1つ前の記事では、夏の薬膳を作る際に選ぶ食材のポイントとして、「清熱解暑」「生津」「止渇」「補気」「安神」などを挙げましたので、それらの食材をピックアップしたいと思います。

■清熱解暑(熱を冷ます作用のあるもの)
きび、はとむぎ、春雨、小豆、緑豆、アスパラガス、菊花、キャベツ、キュウリ、クレソン、香菜、セロリ、パイナップル、レモン、しじみ、昆布、ひじき、もずく、若布、緑茶、プーアール茶など

■生津(水分を補うもの)
豆乳、豆腐、オリーブ、アスパラガス、オクラ、キュウリ、白瓜、ズッキーニ、トマト、マンゴー、桃、梅、牛乳、ヨーグルト、、緑茶、プーアール茶など

■止渇(喉の渇きを改善するもの)
キウイフルーツ、杏、枇杷、葡萄、メロン、りんご、レモン、など

■補気(気を補うもの)
うるちまい、赤米、さつまいも、じゃがいも、やまいも、アスパラガス、枝豆、とうもろこし、えんどう、そらまめ、さくらんぼ、桃、鰹、たこ、まぐろ、牛肉、鶏肉など

■安神(精神を安定させるもの)
食材:玄米、小麦、青梗菜、蓮の実、ヤマブシダケ、あさり、いわし、しじみなど
嗜好品:烏龍茶、紅茶、ジャスミン茶、緑茶、赤ワイン、白ワインなど

わが家では、10年以上前から雑穀をブレンドして毎日のご飯に使っているのですが、この時期からのブレンドでは

・ひき割りとうきび(とうもろこし)
・ひき割りはとむぎ
・きび


が増えてきます。

今は季節的にえんどう豆が出回っているので、この様な豆ご飯を炊く事が多いです。
七分づきのお米に、ひき割りトウキビ、はと麦、きび、発芽米などを組み合わせた穀類と、えんどう豆(関西では「うすいえんどう豆」を使います)を加えています。
f0250305_11322822.jpg

うすいえんどう豆を使ったご飯の炊き方は、サヤの出汁で炊くというちょっと変わった炊き方なんですが、関西では一般的な炊き方なんですよ。
メインブログで炊き方を紹介していますので、良かったら下記リンクよりお立ち寄り下さいませ^-^

そして、7月ぐらいに入ってくると、枝豆や、緑豆ととうもろこしの炊きこみご飯…といった感じで、夏の色合いにどんどん変わっていきますが、季節のものを取り入れていると、おのずと食養生に繋がっていくと言う事なんですね。

【関連レシピ】
うすいえんどう豆ご飯の炊き方
とうもろこしでむくみ解消~ヒゲも使ったとうもろこしご飯
止められない止まらない…焼きとうもろこしの夏祭りご飯

ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-05-21 11:39 | 二十四節気(2013年度)
<< 23候:小満次候「紅花栄」~夏... 21候:立夏末候「竹笋生」~夏... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
その他のジャンル
画像一覧