ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



23候:小満次候「紅花栄」~夏支度と夏の養生法。

本日5月26日から5月30日までは「小満」の次候です。

日本の略本暦では「紅花栄」(べにばなさかう:紅花が盛んに咲く)
中国の宣明暦では「靡草死」(薺(なずな)など田に生える草が枯れる)

とありました。
盛んに咲く話と枯れる話と…これまた対極にあるなぁ、なんて事を思いつつ暦を眺めておりました。

紅花と言えば、薬膳でも用いられるもので「べにばな」ではなく「こうか」と言う言い方をしています。
紅花は、体内の血のめぐりを整える働きが期待でき、漢方薬でも婦人病や血行不良や冷え性、更年期障害などに用いられています。

以前良く使っていたDHCの「気血水」タイプ別のカレーのフレークがあるのですが、これの「血」タイプ(血の巡りが悪い人向けのもの)に、紅花が使われていました。
f0250305_12125758.jpg

(写真一番右側のが紅花の入ったカレーフレーク「血」タイプです)

薬膳を勉強し始めた時、このカレーに入っている素材を見ながら、自分でも調合してみたりなんて事をしておりました。

さて…そろそろ衣替えの季節、春物から夏物への切り替わりです。
衣類はちょっと早めでしたが先日行ったので、今週末は食器関連の季節ものを使いやすい所に入れ替えなど行いました。
箸置きなども春のものから夏のものへ、ガラス食器なども頻度があがるのでよく使うものは出しやすい所に…といった感じです。

写真は、お気に入りの箸置きです。
f0250305_13585946.jpg

夏の箸置きで季節ものなので、夏の間はちょこちょこ登場する箸置きです^-^

身の回りの夏支度が終わったら、体も夏に向けて準備していかなくちゃですね。
夏の時期は暑さと湿度で気分も落ち着かず、不安定な精神にもなりがちです。
夏を快適に過ごせる様、夏の養生を取り入れたいものですね。

これからエアコンなどもフル稼働してくるので、自分で調整出来ない場などでの冷えに気をつけたり、また汗も沢山かくので津液の消耗にも注意したい所です。

来週あたりには早い所は梅雨入りしそうだと、先日の天気予報でちらりと聞いたのですが、梅雨に入ると湿度が上がってくるので、体の内外共に湿気対策も必要になってきますね。

夏の養生法としては

・夜は少し遅く寝て、朝は早く起きる
・体を動かし、適度な汗をかく
・イライラせず気持ちよく過ごす
・冷えに注意する


と言った事が挙げられています。
次でそれぞれの説明していきたいと思います。

それではまた5日後に!
最後までお読みくださりありがとうございました^-^



ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-05-26 12:15 | 二十四節気(2013年度)
<< 24候:小満末候「麦秋至」~夏... 22候:小満初候「蚕起食桑」~... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
人気ジャンル
画像一覧