ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



35候:大暑次候「土潤溽暑」~土用干しと紫蘇。

本日7月28日から8月1日までは「大暑」の次候です。

日本の略本暦、中国の宣明暦共に

「土潤溽暑」(土潤いてむし暑し)

とありました。

じっとしてても汗が出る程の暑さ、しかも蒸し暑いのですが、まさに今がそういう時期と暦にあるんですよね。

さて…先日7月22日に土用入りしたのですが、土用は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前、各18日間を指しています。
土用といえば夏の土用がメジャーですが、全ての季節に土用があると言う事ですね。

また、陰陽五行では季節は「春」「夏」「長夏」「秋」「冬」の5つです。
「長夏」と言うのは、中国では夏の後の立秋前の時期に雨がよく降るので、その頃を「長夏」としているそうなのですが、日本では梅雨の時期を「長夏」とし、その他「土用」も長夏として当てはめています。

この時期、暑い暑い…とついつい冷たいものを口にする事が多くなってきます。
長夏の五気は「湿」五臓は「脾」ですから、冷たいものを口にしすぎて湿を脾にためこみ、体調を崩してしまう…と言うケースも少なくはないと思います。
冷たいもののとりすぎには注意しなくてはいけませんね。
(土用についてはこちらをご覧ください→17候:穀雨次候「霜止で苗出ずる」:土用の話


さて…土用といえば鰻!と1つ前の「34候:大暑初候「桐始結花」~山の芋で偽蒲焼き」で紹介しているのですが、土用と言えばもう1つ。

土用干し

と言うものもありますね。

今年、初めて「梅干し」を作りました。
10代の頃、梅干し作りのお手伝いはした事がありましたが、1人で仕込んで干すまでというのは行った事がありませんでした。
結婚後も干す場所もない上に、夫婦揃ってそんなに梅干しが好き…と言う事もなかったので、作ってまでと思えず、今の今まで未経験でした。

が、今年は野菜ソムリエの講座をきっかけに梅干しを仕込む事になり、家で先日「土用干し」も行いました。
f0250305_64167.jpg

最初は黄色かった梅ですが、紫蘇を入れて干す事で立派な梅干しに。
f0250305_641154.jpg

とてもワクワクしちゃいました。

その梅干しなんですが、教室で仕込んだ時はまだ「紫蘇」は入れていない状態で、入れる入れないはお好みでどうぞとの事でした。
私は赤梅酢が欲しかった事もあって、仕込んで数日後赤紫蘇を買ってきて、漬け込みました。

この時にどう処理したらいいのかなぁと色々調べていた時に知った事がありました。
「紫蘇」の名前の由来です。

中医学を学んで居る人であれば、大抵の人というか必ず知っている名医の名前があります。
その名医の名前は「華佗」と言って、三国志の時代に登場する医師です。

世界で初めて全身麻酔を行ったとも言われている人で、私達がお正月に口にする「お屠蘇」も華佗による発明者でもあります。
(屠蘇については別館の勉強部屋で紹介していますので、こちらの記事をご覧下さい→「お屠蘇」

実は「紫蘇」の和名の由来も華佗によるものなのだとか。
屠蘇にしてもそうですが「蘇」の字」が入っている時点で、何だか納得です。

後漢末に洛陽の若者が蟹の食べ過ぎで食中毒を起こし、名医華佗が薬草を煎じ紫の薬を作ったと言う事から、その薬草が「紫蘇」と言う名前になったのだとか。

【紫蘇】
[性味]辛/温
[帰経]肺脾
[効能]解表、散寒、行気、和胃、解毒

土用干しで梅干しと一緒に漬け込んでおいた紫蘇も干し、ゆかりとして保存しています。

「理気」「行気」など「気」の巡りをよくしたい時に使う食材には、香りの良いものが当てはめられている事が殆どです。
「紫蘇」も効能を見ると分かる様に、行気とあり、私もストレスを感じている時など、手軽なので色々なものにゆかりを使う事が多いです。
自家製のものの香りの良さは格別で、香りを嗅ぐだけでスゥっと気が流れる様なそんな気分にさせてくれます。

梅仕事についてはメインブログでまとめていますので、良かったらお立ちより下さいませ。

2013年梅仕事~覚え書き
南高梅のふるさと「みなべの梅」を使って梅干し作り体験と梅のお話


本日も最後までお読み下さりありがとうございました。
次回は、2度目の土用の丑「二の丑」もありますね。
二の丑で鰻を食べようかな?と画策中です。

それではまた次回に!




ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-07-28 06:41 | 二十四節気(2013年度)
<< 36候:大暑末候「大雨時行」~... 34候:大暑初候「桐始結花」~... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
その他のジャンル
画像一覧