ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



41候:処暑次候「天地始粛」~秋の食材選び。

本日8月28日から9月1日までは「処暑」の次候です。

日本の略本暦、中国の宣明暦共に

「天地始粛」(てんちはじめてさむし)

とありました。

ようやく暑さが鎮まるという意味のこの時期、今週に入って水の温度が少し下がったなぁ…などと感じ、朝晩の風にようやく「涼しさ」が少し感じられる様になってきました。
空もふと秋を感じさせてくれるような、そんな雰囲気です。

さて、前回は「秋の症状の特徴」を挙げましたが、今回は秋の薬膳を作る上での食材選びのポイントをまとめました。
「潤肺」「潤燥」「生津」「滋陰」「健脾」などが挙げられます。
また秋の薬膳といえば、、肺の働きを高める食材が多い「白い食材」を選ぶのも1つのポイントとなっています。

■生津(水分を補うもの)
豆乳、豆腐、白きくらげ、白うり、きゅうり、おくら、アスパラガス、オリーブ、ズッキーニ、冬瓜、蓮根、トマト、桃、りんご、牛乳、ヨーグルト、甘酒、緑茶など

■潤燥(乾燥状態を潤わすもの)
白砂糖、豆腐、黒胡麻、白胡麻、かりん、バター、胡麻油、鶏卵など

■潤肺(肺を潤すもの)
やまいも、はちみつ、銀杏、松の実、くわい、オリーブ、白きくらげ、れんこん、いちじく、すだち、かぼす、バナナ、みかん、白魚など

■滋陰(陰を補い、清熱し潤いをもたらすもの)
やまいも、黒豆、にんじん、かき、鴨、チーズ、ビール、白ワインなど

■健脾(消化呼吸を促進し、消化力の低下を補うもの)
泡、うるちまい、きび、くろまい、玄米などの穀物類、じゃがいも、やまいも、黒豆、だいず、アーモンド、栗、ちんげんさい、にんじん、れんこん、ヤマブシダケ、いわし、はも、ぶり、牛肉、鶏卵、白ワインなど

秋分前の今の時期は、夏の名残が残っている「温燥」の時期なので、熱をしずめて津液不足を補う、涼性、苦味、甘味などの食材で滋陰潤肺、健脾生津を行います。
秋分後からは寒くなってくるので、温性・辛味・酸味の食材を用いて、滋陰温肺をおこなっていきます。

この夏は全国的に猛暑日が続き、名ばかりの「秋」でまだまだ暑い日が続いております。
我が家では、暑く感じた朝はちょっとひんやりしたものを朝食に取っています。
「朝麺」と題して、喉越しのよい麺類が食卓に並ぶのですが、野菜たっぷりの「ヤサ麺」をこの夏は作っています。

写真は先日の朝食の「アンチエイジング薬膳ヤサ麺」です。
f0250305_1440526.jpg

麺に色々な野菜を加えて嵩上げし、中華麺は1玉で2人分です。
豆乳や胡麻を使ったスープをかけて、生津潤燥です。

作り方はメインブログで紹介していますので、良かったらご覧下さいませ。

野菜たっぷりのアンチエイジング薬膳♪コングクス風五色ヤサ麺


次回は、秋の養生法についてまとめていきたいと思います。

本日も最後までお読み下さりありがとうございました。
次回更新の時は9月に入っていますね。
少しずつ少しずつ、秋に近づいてきています。

それではまた次回に!




ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-08-28 14:43 | 二十四節気(2013年度)
<< 42候:処暑末候「禾乃登」~秋... 40候:処暑初候「綿柎開」~秋... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
その他のジャンル
画像一覧