ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



46候:秋分初候「雷乃収声」~推拿事始め。

本日9月23日から10月7日までは、二十四節気の「秋分」です。
農便覧では「陰陽の中分なれば也」とあり、昼と夜の長さが同じになる日なのですが、実際には昼の方が夜よりもちょっと長い様です。

日本の略本暦、中国の宣明暦共に「雷乃収声」(かみなりこえをおさむ)

とありました。

そういえば、「42候:処暑末候「禾乃登」~秋の養生法」で「雷の事を「稲妻」と言うのは、稲穂が実るこの時期に雷が多く、昔は雷が稲を実らせていると考えられていた事が由来になっているそうです。」と書いております。

42候は9月2日だったのですが、あれから3週間ほど経過し、知人から「休み明けには稲の収穫をするよ」なんて聞かされております。
季節を追いかけていると、本当に移り変わりが目まぐるしく、そしてとても楽しく、季節をしみじみ感じる事が出来ますね。

さて…今日は秋分だし、お彼岸と言う事もあってもう少し何か書きたかったのですが、実はこれを書いている数時間後には東京に行く予定があり、じっくり書き物が出来ません。

季節の養生に関して書きたかったのですが、あまり時間もないので、本日初体験してきた内容などを…。
それは

推拿(すいな)


と言うもので、中国伝統医学の1つなんですが、私は施術を受けた事が無かったので、どの様なものなのかからのスタートでしたが、薬膳では「理法方薬」ですが、こちらは「理法方技」と言う事で、基礎の部分はこれまでに学んできた部分と共通と言う事もあってとても楽しめました。

また、日常的に肩こりがあったり、家人の五十肩などの心配もあるので、手技を会得するのはとても良いかもしれないなぁ…と思ったのですが。

見るとやるでは大違い!ものすごく大変でとても難しかったです。
f0250305_065737.jpg

基本の動きをお米の入った枕を使って練習するのですが、その時点でかなり「大変!」
さらには、人を相手に行うと、もっともっともっと大変!

でも…とても奥深い世界。
次回はまた来月に行くので、それまでには少し指の動きなどもスムーズになってる様、米枕を用意して頑張ってみようと思います。

推拿についてはまた時間のある時にアップしますね!


本日もお越し下さりありがとうございます。
今日はちょっと慌ただしい内容になってしまいましたが、また次回!



ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-09-23 00:10 | 二十四節気(2013年度)
<< 47候:秋分次候「蟄虫坏戸」~... 45候:白露末候「玄鳥去」~「... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
その他のジャンル
画像一覧