ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



47候:秋分次候「蟄虫坏戸」~きのこで夏老け対策。

本日9月28日から10月2日までは「秋分」の次候です。

日本の略本暦、中国の宣明暦共に

「蟄虫坏戸」(すごもりのむしとをとざす)

とありました。
虫が土中に掘った穴を塞ぐ、と言う事で本格的に秋の訪れといった所でしょうか。

ここ数日前から、いきなりひんやりし始めました。
先日、東京に行っていたのですが、その日は大阪よりもかなり気温が下がっていて寒いぐらいでびっくり。
気温差と乾燥から、空咳などが出るなど典型的な秋の症状が出始めました。

さて、秋を迎えておりますが、夏のを引きずっている方も多いのではないかと思います。
涼しくなり過ごしなっておりますが、現在「疲れているなぁ」とか「だるい」「やる気が出ない」などの気分を持った状態の場合は、夏の疲れを引きずっているかもしれません。

夏の暑さで大量の汗をかいたかもしれない今年の夏。
中医学の考え方では、汗をかく事で体中から「気」が流れていきます。
これが夏バテに繋がるのですが、気のチャージ(補気)をしておかないと、その疲れは顔にも出て来てしまいます。
夏の疲れを引きずったままの「夏老け」対策には、この季節の食材「きのこ」がとても強い味方。
ミネラル豊富、免疫力もアップ、そして低カロリーなのも嬉しいですし、しいたけや舞茸などは、補気してくれますので、きのこを取り入れるのはお勧めですよ。

我が家でも夏の終わりから頻繁に登場するのが「きのこ鍋」です。
3~4種類のきのこを組み合わせ、昆布出汁で作った醤油ベースのスープでお鍋にします。
f0250305_836472.jpg

しいたけ、まいたけ、しめじなどのお馴染みのものから、「白木耳(しろきくらげ)」なども入れる事があります。
白木耳は潤いをチャージしてくれる「滋陰」「潤肺」の効能があり、秋の薬膳にはよく使われる食材です。

この他私は、山伏茸(ヤマブシタケ)と言うきのこが好きで、見かければ必ず買って来て入れています。
f0250305_8392694.jpg

ビジュアルがすごいですが、とても良いおだしが出るきのこなので気に入っています。

きのこは旨味の宝庫なのですが、複数のきのこを組み合わせる事で旨味がアップしていきます。
きのこのお鍋をベースに、秋のお勧め薬膳食材、例えば山芋やお豆腐などを加え、また辛味のあるものを少々取り入れると、エネルギーや血流を良くしてくれるので、生姜や葱などをトッピングするのもお勧めです。

きのこ鍋については、メインブログでも色々紹介していますので、良かったらお立ちより下さいませ。

自家製ドライきのこを使ってきのこ鍋
ヤマブシタケで、キノコとモツのうまうまちゃんこ鍋
ヤマブシタケ(山伏茸)で雲南の薬膳キノコ鍋
ヤマブシタケ(山伏茸)を使った絶品トムヤムクン鍋
薬膳キノコスープ

本日も最後までお読み下さりありがとうございました。
それではまた次回!



ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-09-28 08:55 | 二十四節気(2013年度)
<< 48候:秋分末候「水始涸」~白... 46候:秋分初候「雷乃収声」~... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
その他のジャンル
画像一覧