ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



57候:立冬末候「金盞香・野鶏入水為蜃」~冬の体への影響。

本日11月17日から11月21日までは「立冬」の末候です。

日本の略本暦では「金盞香」(きんせんこうばし:水仙の花が咲く)
中国の宣明暦では「野鶏入水為蜃」(雉が海に入って大蛤になる)

とありました。

宣明暦、時々面白いものが出て来るのですが、寒露の時にも「雀入大水為蛤)(雀が海に入って蛤になる)」というのがありました。
これは、秋の終わり頃になると、雀たちが群を成して海にやってくると言う事から、蛤が雀の化身と考えられていたと言う言い伝えがベースになっています。
雉も雀と似ている所からの「大蛤」としているのでしょうか。

さて、前回は冬の特徴を挙げましたが、その特徴は

「1年で最も寒い季節」「夜が長く気温も上昇しない」「空気の乾燥」「収蔵する」

といったものです。
これらの特徴が体にどう影響を与えのかをまとめてみました。

■冬の体への影響

・寒さにより気血の運行と代謝がにぶる。
・寒さにより皮膚の乾燥、ひび割れが生じやすい。
・発汗が減少し、尿量が増える
・「腎」の働きが活発になる。

寒さで体の機能も冬眠状態になり、エネルギーの代謝が低下します。
また、体温調節がうまくいかず、手足の冷えも強まってきます。
腎の働きが活発になってくるので、体を温め、腎の機能を高める様にしていきます。

次では黄帝内経の冬の養生法について触れたいと思います。
それではまた次回に!




ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-11-17 10:42 | 二十四節気(2013年度)
<< 58 候:小雪初候「虹蔵不見」... 56候:立冬次候「地始凍」~冬... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
人気ジャンル
画像一覧