ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



61候:大雪初候「閉塞成冬」~寒雷と腎。

本日12月7日から12月21日までは「二十四節気」の「大雪(たいせつ)」です。

いよいよ本格的に雪が振り始める頃、空を見上げると「冬の空だなぁ」と言った風情。
農便覧では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」とあります。

朝のうちだったので気付かなかったのですが、ここ大阪でもちらほらと雪が舞ったとか。
寒いはずですね。

二十四節気を5日ごとに区切って「初候」「次候」「末候」に分けたのが「七十二候」です。
12月7日から11日までは「大雪」の「初候」にあたります。

日本の略本暦では「閉塞成冬」へいそくして(そらさむく)ふゆとなる
中国の宣明暦では「鶡鳥不鳴」やまどりなかなくなる

とありました。

このブログでは、七十二候になぞらえながら「薬膳菜時記」として紡いでおります。
今年からスタートした試みですが、今年は季節の養生法をベースにお話を進めております。

さて、「寒雷」ってご存じでしょうか?
北陸地方で多く発生するそうですが、大陸の高気圧の張り出しによる影響で起こるそうです。

ここ大阪でも先日雷が鳴りまして、ちょっとびっくりしました。

冬は「閉蔵」の季節で、臓器は「腎」が活発に動くシーズンです。
そして「五志」(感情)で腎と密接なのが「恐・驚」なんです。

びっくりして腰が抜けた、なんて話がありますが、まさに腎と驚きや恐怖が繋がっている証拠なのだな…なんて言う事を、五行説を学んだ時に思ったものです。

この雷も、先日はとても大きな音で鳴りまして、たちまち腰に響いたんですね。
びっくりするとどうも腰にきやすい様です。

次回ではそんな「腎」の話を少しまとめてみたいと思います。
本日もお付き合い下さいましてありがとうございました。

それではまた!



ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-12-07 01:36 | 二十四節気(2013年度)
<< 62候:大雪次候「「熊蟄穴」」... 60候:小雪末候「橘始黄」~ス... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
その他のジャンル
画像一覧