ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



66候:冬至末候「雪下出麦」~年越しのお蕎麦と蕎麦打ち。

本日12月31日から2014年1月4日までは「冬至」の末候です。

日本の略本暦では「雪下出麦」(雪の下で麦が芽を出す)
中国の宣明暦では「水泉動」(地中で凍った泉が動き始める)

とありました。

いよいよ本年も終わりです。
立春からスタートしたこのブログですが、もうすぐ1周します。
後半少し忙しかった事もあって、更新が遅れがちになりましたが、5日に1度と言うペースとは言え、内容が内容だった事もあって、私自身とても良い勉強になっています。

さて…1年の最後は年越し蕎麦があるので「蕎麦」の話を。
お蕎麦は薬膳では「気滞」の時などにも用いられるもので、私自身、ストレスがたまったなぁ…なぁんて時にはお蕎麦を食べる事多しです。

お蕎麦が好きと言う事もあって、何かにつけ「蕎麦蕎麦」と呟いている始末。

そんな私の今年の最後は、蕎麦打ち初体験でした。
秋からご縁のあった方が、蕎麦打ちをされており、打ち立てのお蕎麦を振る舞って頂いた事がきっかけで、すっかり手打ち蕎麦ワールドにはまってしまい、今回の初蕎麦打ち体験はその方から手ほどきして頂きながらとなりました。
ありがとうございました。

メインブログにも同じ画像をアップしているのですが、こんな感じで楽しみました。
f0250305_23523683.jpg

お蕎麦は「降気」作用のある食材です。

上がった気を降ろしてくれる…はずなんですが。
どうも大好きな食べ物を目の前にすると、興奮しちゃうんですよね。

ましてや今回は蕎麦打ち初体験と言う事もあって、その興奮たるや…^^;
とそんなお話をしつつ、本年最後の更新となりました。

このお蕎麦は年越し蕎麦とそして、年明けのお蕎麦…と連続していきます。

それでは来る年が皆さんにとって素晴らしい年でありますよう。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。






ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-12-31 00:48 | 二十四節気(2013年度)
<< 67候:小寒初候「芹乃栄」~冬... 65候:冬至次候「麋角解」~鹿... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
人気ジャンル
画像一覧