ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



67候:小寒初候「芹乃栄」~冬の薬膳、七草粥。

本日1月5日から1月19日までは「二十四節気」の小寒です。

最も寒い時期の始まりで、冬の三ヶ月の終わりにあたるので「晩冬」とも呼ばれます。

農便覧では
「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」
とあります。

寒さの厳しい時期ですので「寒の入り」と呼ばれるのもこの頃です。
季節の御見舞いも「寒中見舞い」に変わってきます。

そして1月5日から9日までは、小寒初候にあたります。

日本の略本暦では「芹乃栄」(芹がよく生育する)
中国の宣明暦では「雁北郷」(雁が北へ渡り始める)

とあります。

「芹」の文字を見ると、七草を連想し、1月7日の七草粥に思いを馳せるのですが、日本では古来より五節句の1つである「人日の節句」の朝に、七草粥を食べる風習があります。

七草は「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」の七種類です。
f0250305_853242.jpg

子供の頃は七草の前日になると摘みに行ってたのですが、さすがに都会暮らしになると、その辺に生えている…という事もなく、長らくスーパーなどの「七草セット」のお世話になっております。

それでも、芹やスズナ(蕪)、スズシロ(大根)あたりは買えるものなので、もう少しボリュームが欲しいなぁと言う時にはこの3種類を多めに使っています。

また、これらの野草には様々な効能がある様で

芹:清熱、涼血、利水、平肝など
なずな:健脾、明目、利水、平肝 むくみ
すずな(蕪):補五臓、消食、降気、滋陰、開胃
すずしろ(大根):消食、化痰

この他、ごぎょうは、咳や痰に、はこべらは、歯ぐきや胃の健康、母乳の出に、ほとけのざは、胃腸や血圧を下げる、打撲や筋肉の痛みに…などなどありました。

さて、本日は大阪梅田のグランフロントにて、七草粥のイベントを行います。
寒の入りの本日に、七草粥の説明をさせて頂けるので、とても嬉しい気持ちです♪

イベント詳細は↓フェイスブックの下記案内をご覧下さいませ^-^

■おうちで七草粥を作ろう
https://www.facebook.com/events/188413691358132/

七草セットのお土産付のイベントです。
まだお席に空きがございますので、お時間ありましたらぜひ♪

本日も最後までお読み下さりありがとうございました。
それではまた次回に!




ランキングに参加しています。
下のアイコンをクリックして頂けるととてもとても嬉しいです♪m(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

[PR]
by yuri_yakuzen | 2014-01-05 08:05 | 二十四節気(2013年度)
<< 68候:小寒次候「水泉動」~ま... 66候:冬至末候「雪下出麦」~... >>


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
人気ジャンル
画像一覧