「ほっ」と。キャンペーン

ゆりぽむ通信別館◆薬膳菜時記館◆



<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


6候:雨水末候「草木萌え動る」

2月28日の本日は「雨水」の末候で

「草木萌え動る」(そうもく めばえいずる)

日本、中国それぞれの暦共に「草木萠動」となっております。
草木が芽吹き始める春の様子が紡がれている感じでしょうか。

一昨年、アボカドの種を水に漬けておいたら芽が出たので、それを鉢に植えかえたらどんどんと成長しました。
2~3日前から新芽が出て来たなぁと思っていたら、今日にはもうすっかり葉も大きくなってきておりました。
まさに「草木萌え動る」と言う事でしょうか。

前回は、春に起こる様々な不調について書き出してみたのですが、やはり春は上半身に症状が出やすいのだなぁと思いました。

最初の方で「春は肝が大忙し」と言う話を書いているのですが、春は肝臓の働きが活発になります。
外部から侵入する様々な病気の原因から身を守ったり、解毒の為に大忙しなんです。
肝の働きが過剰になってくると、体内の水分(血液や体液)を失いやすくなり、くしゃみや鼻づまり、喉の痛み、目の充血…など、様々な症状を引きおこします。

春の養生薬膳では、肝の働きを補いバランスを整える事が必要になってきます。
体内水分を失いやすくなっているので、充分な水分補給(補血、補陰)を行います。

【補血】(肝の機能を整え、血液を補う)
レバー、牛肉、鶏卵、よもぎ、ほうれん草、枝豆、しめじ、レタス、黒木耳、黒胡麻、黒豆、人参、あさり、ぶり、まぐろ、うなぎなど。

【補陰】(体に潤いを与える)
豚肉、鶏卵、やまいも、しろきくらげ、じゅんさい、ほうれんそう、人参、ぶり、チーズ、ヨーグルト、クコの実、白ワイン、ビール


肝の気が盛んになってくると、気が上昇しやすくなり、イライラしたり怒りっぽくなったり、情緒不安定になったり、またストレスから脾胃(胃腸)に影響を与える場合もあります。
肝を補いながら、肝の気をスムーズに流し、そして胃腸の調子も整えていく必要があります。

次で、肝の気を落ち着かせるための食材や、胃腸の調子を整える食材の紹介をしたいと思います。
今回の補血と補陰の食材については、また後ほど追記しようかなぁと思います。
[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-02-28 12:39 | 二十四節気(2013年度)

5候:雨水次候「霞始めてたなびく」

2月23日の本日は「雨水」の次候で

「霞始めてたなびく」(かすみはじめてたなびく)

となっております。

日本の略本暦では「霞始靆」(がたなびき始める)
中国の宣明暦では「鴻雁来」(雁が飛来し始める)

春の霞と秋の霞は気象的には同じ現象だそうで、微細な水滴が空中に浮遊している事から霞むのだそう。
農便覧では「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」とあり、これを見ていると、やはり春は上へ上へ…のイメージでしょうか。

立春(今年は2月4日)に始まったこのブログですが、2月の時点ではまだまだ冬を引きずり、寒さが一杯でしたが、2月も後半に入ってくると、やっと春を感じ始めた感じでしょうか。
そろそろ体感的にも、気の上昇が感じられる様な気がします。

前回では、この季節の体は五臓では「肝」が大忙しと言う話をしています。
この時期、肝気がスムーズに流れると体調はとても良くなるのですが、流れが滞ると体調の不良が感じられる様になります。

実は私、先日腰痛で病院に駆け込んだんです。
明け方から体の中から腰に鈍痛を感じ、ぎっくり腰とはまた違う何か…と言う感じでした。
体感した事のない痛みと、そして実際起き上がろうとしたら、痛くて起き上がれず…体を動かすのも一苦労でした。
病院では痛み止めと抗生物質を処方されて服用した所、痛みがすっと治まり、あれは何だったんだ…と思ったのですが、ちょっと思い当たる節が、今更ながらですが「あれか?」と思えるものがありました。

それが、先月末に抱えたストレスなんです。
大した事ないと思っていたのですが、実に根深く引きずっていた様で、イライラも酷かったし、鬱々と落ち込んだり…じんわりじんわりと気が滞ってしまったのだろうと、何となくぼんやりですがそんな風に思いました。
「気滞」と呼ばれるこの状態、まさに私はそうだったのだなぁ…と思いました。

春は様々な不調の出る季節、では具体的にどんな症状があるかと言うと、体の上部に症状は現れやすくなります。

・だるい
・眼病(結膜炎、充血など)
・花粉症
・吹き出物、ニキビ
・のぼせ
・神経痛、ぎっくり腰、寝違い
・イライラ、怒りやすくなる
・精神不安
・不眠
・頭痛
・生理不順

などが挙げられます。
その他にもノイローゼや自殺者などが増加するのもこの時期の様です。

腰が痛いとか、イライラする…なんていうのはまさに今月の私がそうだったのですが、他にも当てはまる所はいくつかあるのですが、中医学を学びだしてから自分に出て来る症状を見て「ああ、春なのね」と、妙な所で腑に落ちてくる何かがあります。

次ではこういう症状には、どんな食材が良いのかを書き出してみたいと思います。


f0250305_11531637.gif



2月4日からスタートしたこのブログ。
節気を使って5日に1度の更新なら勉強やまとめるのものんびり出来るかなぁなんて思っていたものの、意外と1つの事を調べたり勉強して自分の言葉にしていくレベルの理解を…となると、5日じゃ足りない!って感じです。
今年は季節の養生という事でぼちぼちやっていくつもりですが、やり始めるとこれまでの2年間学んだ事に加え、それらの復習も行いつつ、新たに学んだりと得るものが多いです。

まだこのブログはメインブログなどでは紹介もしておらず、一切知らせていないので、まだここに来る人の数は少ないです。
が、それでもちょこちょこと足を運んで下る方が居られ、嬉しく思っています^-^
お越し下さってありがとうございますm(_ _)m
[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-02-23 11:27 | 二十四節気(2013年度)

4候:雨水初候「土の脉潤い起こる」

2月18日の本日は「雨水」の初候です。
農暦では

「土の脉潤い起こる」(つちのしょう うるおいおこる)

日本の略本暦では「土脉潤起」(雨が降って土が湿り気を含む
中国の宣明暦はは「獺祭魚」(獺(かわうそ)が捕らえた魚を並べて食べる)

日本と中国では随分と表現が違うので面白いです。
日本の暦では「雨が降って土が湿り気を含む」との事ですが、本日は雨が降っております。
朝、雨の音を聞きながら、春が近づいて来た事を感じておりました。

雨水の時期、日本では「お雛様」を飾る時期でもあります。
わが家でも本日、お雛様を飾りました^-^
f0250305_11554989.jpg

このひな人形は私が10代の時に母に買って貰ったものなんですが、小さいサイズなので気軽に毎年飾れています♪
こちらは結婚後、可愛いなぁと思って買ったガラスのお雛様。
f0250305_11565719.jpg

こちらもとってもお気に入りです。

お雛様の配置は、東西で逆なのですが、10代の頃に買って貰ったお雛様は「京雛」だったので、配置は女雛の方を向かって左に置いています。
別ブログの「徒然館」にて、お雛様について書いていますので、良かったらご覧下さいませ。

男雛と女雛の左右の位置はどちらが正しい?(2012年3月2日

さて春のお話にもどります。
冬から春へ…と、日々変化していく気候ですが、人間の体も確実に変化していっております。
春の陽気が盛んになるにつて、体内の気血の流れが活発になり、新陳代謝が加速し、冬の間に蓄えたものを使い始める季節でもあります。

そんな春、五臓では「肝」が大忙しになっています。

中医学では、体内の活動をコントロールするのが「肝」となっています。
「肝」は、血液の貯蔵だけでなく、気血の流れの調摂や、消化吸収の補助、自律神経系の機能調節、筋肉の運動など、様々な作用をもっている器官です。

春の陽気が盛んになるこの時期は「肝」の働きも旺盛になりがちです。
「肝気」がスムーズに流れると、体の調子はとても良いのですが、流れが滞ると様々な体調の不良を感じる事があります。
その代表的なものが「ストレス」などの精神的なもの。
「肝」は精神状態にも影響を与えるので、他の季節に比べると春に不安定になりやすいのは、そういう影響なのかもしれません。

また「肝気」が盛んになると、鼻水や鼻づまり、くしゃみや熱、目の充血、のぼせ、頭痛などの症状が出て来ます。
この症状に共通している事は「上半身の症状」なんですね。
高血圧や肝機能障害にも繋がりやすくなります。

春は気温の上下が激しいので、冬から目覚めてすぐの体は抵抗力がまだありません。
ウイルスなどが体内に侵入しやすくなる季節でもあります。
「肝」は解毒・排毒の役割も持っているため、「肝」への不可もかかってきます。

春は「肝」の働きを調え、気が上がりすぎないよう調整しながら、精神の安定を図っていきたいものです。

次回では春に起こる具体的な症状などをまとめてみたいと思います。
[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-02-18 12:00 | 二十四節気(2013年度)

3候:立春末候「魚氷を上る」

2月13日の本日は立春の末候で

「魚氷を上る」(うお こおりをいずる)

日本、中国共に表記は「魚上氷」となっております。
(こおりをあがる、ひをいずる…など読み方は色々ある模様)

春先の薄く張った氷の事を「薄氷」と呼ぶそうです。
湖の氷が割れて、魚が跳ね上がる、そんな風景でしょうか。

1つ前で「気血水」の話をちょっと書いてみたのですが、春を迎えると人間の体は冬眠から目覚めた「寝起き」の様な状態なのだそうです。

春は体にどんな影響が出ているのでしょうか?
日が長くなってきたなぁ、と感じたり、気温の上昇を感じたり、買い物に行くと春野菜が出始めたり…と、所々で「春」を感じている様に思います。
この時期は、何となくウキウキワクワクの気分になる事も多い様な気がします。

陰陽五行説では、五行(木火土金水)と関連のある事柄がそれぞれあり、例えば「木」と関連するのは季節なら「春」方角なら「東」…といった具合で、色や味、感情なども含めて繋がっています。
五行表と言うものがあるのですが、中医学を学んだ最初はこれを頭にたたき込むの所からスタートしました。
五行表についてはいずれ、このブログ内でもどこかに表示しておこうと思いますが、ネットで検索してもすぐ出て来るので、興味のある方は調べてみて下さいね。

さて、春はどういう繋がりになっているかと言うと…

五行(木火土金水)は「木」
五臓(肝心脾肺腎)は「肝」(と胆)
五根(目舌唇鼻耳)は「目」
感情(怒喜思悲恐)は「怒」
味覚(酸苦甘辛鹹)は「酸」


となっています。
まだ色々あるのですが、取りあえず「肝」「目」「怒」「酸」の4つをピックアップしました。
春はは草木が芽吹き、木も生長し…「上へ上へ」と伸びるイメージの季節。
人間の体も気(生命エネルギー)が上昇する季節です。

東洋医学で五臓を言う時は、西洋医学で言う臓器そのものではなく、臓器と経絡なども含めた全体の働きを表しています。
五行に合わせてみていくと、肝臓の不調は「目」に表れやすくなり、、怒りの感情を制御するのも「肝」なので、肝臓が弱っていたり、肝経(経絡)の気の流れに支障があれば、イライラしたり怒りやすくなったりもします。

気の流れが活発になるこの季節、気の滞りが出て来ると、怒りっぽくなったり目が疲れたり…なんて事も出て来ると言う事なんですね。

では具体的にどんなものを食べたらこの時期は良いのか?と言う事ですが、学んできた中で、やはり「春は酸味のもの」と言われています。
とても酸っぱいものを食べると思わず目が丸くなったり、或いは目のあたりがすーっとしたりしませんか?
酸味は肝を養い、そして目にも通じていると言う事なんだなぁと思います。

誤解されてしまうと困るのですが、それを食べていれば万事OK!と言う事でもないですし、肝臓が良くなると言うものでもありません。
日々の食卓の中に、上手く取り入れていくのが大切と言う事ですね。
季節の野菜やこの時期だと、菜の花や野草などを上手く取り入れたり、目に良いとされる「クコ」などをあしらうのも良いと思います。

ただ立春を迎えたと言っても、2月はまだまだ寒さは厳しいです。
気分が上昇してウキウキワクワクの春を体感するのは、もう少し気温も上がった3月末あたりからじゃないかなぁと思います。
今の体は目覚めたてで血行も滞りがちなので、血行を改善する事も取り入れる様にしたいものです。
血行を良くする(活血と言います)作用を持つ食材には、わかめや、蓮根や里芋、黒豆、ひじきなどもありますので、こういうものも上手く取り入れたいですね。

今の所、5日に1度の更新となっていますが、次回では春の食養生という事で、春に起こる体調はどこから来るのか…などをまとめてみたいと思います。
[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-02-13 11:57 | 二十四節気(2013年度)

2候:立春次候「うぐいす鳴く」~気の話。

2月8日の本日は立春の次候で

「うぐいす鳴く」(うぐいす なく)

となっております。
日本の略本暦では「黄鶯睍睆」(鶯が山里で鳴き始める)
中国語の宣明暦では「蟄虫始振」(冬蘢りの虫が動き始める)

文字を見ているとすっかり春めいた感じにも思えるものの、本日はとても寒く、朝から大阪でも珍しく雪がうっすら積もっておりました。

さて、前回からの続きです。
立春を迎えて季節は春となり、人間の体もエネルギーが満ちてくる時期になります。
春の間はゆるゆると流れていた「気」の巡りも、春になって活発になってくるので「気」も高まってきます。

このブログで薬膳の事を書いていくのにあたって避けて通れないのが、上の様な「気の巡り」といった様な表現なので、少し解説しておきたいと思います。

薬膳は中国伝統医学(中医学)に基づいて食養の手段など行っていきます。
「クコ入れてるから薬膳」みたいな事では無く、中医学の理論に基づいて病気の根拠や治療前提を示し、それに沿って食材を選んでいきます。
なので薬膳の前には「中医学」と言う存在が大前提になっています。

中医学をさらりと語るには無理がありますが、中国古代哲学をを思想基盤としており、その中に「陰陽」や「五行説」(合わせて陰陽五行説)というものも含まれています。

「気の巡り」と言う表現を最初にしていますが、中医学では体内にある「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」と言う3つの要素によって、臓器や各組織が正常に働き、心身の活動が営まれると考えています。
この三大要素で身体のバランスを整え、自然治癒力や生薬などで治療を行うと言うのが、中医学の考え方となっています。(もちろんこれだけはなく様々な要素もありますが、ここでは簡単に)

三大要素「気」「血」「水」については

「気」は人間の体を活動させる根本的な生命エネルギーの事。
「血」血液とその血液が運んでくる栄養素の事。
「水」水分、汗、リンパ液、皮脂など血液以外の全ての体液の事。

となっています。

春はその「気」の巡りが活発になってきます。
学校で「冬に眠っていた身体が、春になって目覚めの状態になってきた」と言う風に教わったのですが、確かにそれはあるなぁ…と思います。
人間は冬眠しませんが、他の季節ほど活発には身体は動いていない気がします。

そんな眠っていた身体が目覚めの体制になってきているものの、寒さはまだまだ厳しいこの季節。
この時期は滞りがちな結構を改善する様に心がけつつ、食材も選んでいきます。

次回、立春末候(2月13日)あたりで、2月の食養生やポイントについて、少しまとめてみたいと思います。
[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-02-08 14:12 | 二十四節気(2013年度)

1候:立春初候「東風凍を解く」

2013年2月4日、本日は立春です。
立春から三ヶ月の間が春で、この三ヶ月を「発陳」とも言います。
「陳」と言うのは「古い」事を表していて「古き(陳)を発して、新しきを迎える季節」とも言われています。

この薬膳ブログをスタートさせるにあたって、立春の日と決めていたのですが、なかなか構成も決まらずどうしたものか…と思っていたのですが、

始めないと始まらない!

と言う事でスタートしました。
ブログの名前がまだ「仮」になっているのは、別ブログに勉強用の「薬膳館」が存在しているためだったりします。(いずれ統合予定です)

ブログに綴りながら文字にしながら、薬膳そして養生の事などを私自身も学ぼうと思います。

この1年は、まずは二十四節気にちなんだ形で綴っていこうかなと思っています。
二十四節気(にじゅうしせっき)とは、おおまかに言うと1年を24等分し、その分割点を含む季節を表す名称を付けたものです。

立春、春分、立夏、夏至、立秋、秋分、立冬、冬至…こういうのは耳にする事は多いと思いますが、まだまだ細かく別れており、それぞれの名前も風情のあるもので、季節を感じさせてくれます。

また、江戸時代の太玄斎の書いた暦の解説書「暦便覧(こよみびんらん)」(天明七年(1787)に出版)と言うものがあるのですが、こちらと合わせて紹介していきたいなと思います。
暦便覧は、二十四節気それぞれを文字で表しており、本日の立春は

春の気たつを以て也(はるのきをたつをもってなり)

この日から春になると書かれています。

またこの二十四節気を5日ごとに「初候」「次候」「末候」の3つに細分した期間を「七十二候」と言い、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつでです。
植物の成長や動物の行動、気象の変化など、季節の移ろいを美しい言葉で表されています。

本日の立春の日がその「1候」となっています。
つまり、1年の始まりと言う事ですね。

立春初候の本日は

「東風解凍(東風凍を解く)」(はるかぜ こおりをとく)

となっています。

まだまだ体感的には寒いですし、気温も低いのですが、この言葉を見ると「春がやってきているなぁ」と感じさせてくれます。

そして人間の体も、体内にもエネルギーが満ちてくる時期です。
冬の間はゆるゆると流れていた「気」の巡りも、春になって活発になってくるので「気」も高まってきます。

…と、長くなりそうなので、立春次候の2月8日に続こうと思います。
[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-02-04 12:26 | 二十四節気(2013年度)

お越し下さりありがとうございます。

数あるブログの中から当ブログにお越し下さりありがとうございます。
当ブログの管理人ゆりぽむと申します。

子供の頃から「医食同源」の世界に興味を持ち「今自分が口にしているものが自分の体を作っている」と言う事をとても意識しておりました。
どういうものを食べたら良いのか、こういう症状の時にはこんな食材が良い…といった事にとても興味があり、日々の料理の中に医食同源、薬食同源の考え方を取り入れつつ暮らしています。

書籍などを通じて独学で学んで来た医食同源の世界から、もう少し系統立てて学んでみたいと思い、2011年より薬膳の勉強の勉強をスタートし、昨年2012年秋に国際中医薬膳師の資格を取得致しました。


f0250305_18353931.jpg


また普段手にとる食材…特に野菜に関しての知識を深めていきたいと言う事もあり、昨年ジュニア野菜ソムリエの資格を取得し、現在は野菜ソムリエの資格取得に向けて勉強中です。

暮らしの中に薬膳が自然に入ってくる様になってから、とても季節に敏感になってきました。
四季の変化と人間の体の働きは、とても密接に関係しているので、以前以上に細かく四季の移ろいを見る様になった事で、歳時記を意識する様になりました。

このブログは四季折々の食養生や人の体の変化など、少しずつですがゆるゆると綴っていこうと思い、新たにブログを立ち上げました。
当ブログをスタートした今年、2013年は、四季のうつろいと人の体の関係を歳時記を使いながらまとめていく予定です。
また、中医学や漢方の事、そして野菜の事など…日々の暮らしの中で学んでいる事や、行ってみた事なども合わせて綴っていきたいなと思います。
季節と暮らし、薬膳と季節食材…と言う事で、このブログの名前は「薬膳時記館」と言う名前に致しました。

その他ブログはサイドバーにリンクを表示しておりますので、良かったらお立ちより下さいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。



更新記事はここより下になっていますので、次の記事からご覧下さるか、スクロールしてお進み下さいませ。

[PR]
by yuri_yakuzen | 2013-02-04 11:52 | 二十四節気(2017年度)


国際中医薬膳師が綴る季節の薬膳コラムです。

by yuri_yakuzen
メモ帳
数あるブログの中から、当ブログにお越し頂きありがとうございます。

食に関係するブログをいくつかやっているのですが、このブログはその中から「薬膳」に関する内容を取りあげたブログとして、誕生しました。

ゆるゆると綴って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
検索
以前の記事
ブログジャンル
記事ランキング
ファン
人気ジャンル
画像一覧